宮城県松山高等学校は、
学びたい気持ちを応援し夢に向かって、なりたい自分を創りながらみんなで共に歩んでいく学校です。

 一人ひとりの力に合わせて、丁寧でわかりやすい授業を行います。

 あなたの未来の青写真を描きます。自分を再発見したいあなたを応援します。

 共に学びあう松山高校での体験が豊かな社会性を育てます。 

新着
松山高校ブログ

松山高校ブログ_令和元年度

家政科講演会

    11月22日(金)講師にテーブルコーディネーターの大山晶子先生を招いて、「テーブルコーディネートについて」の家政科講演会を行いました。
     生徒たちはクラスごとに、テーブルマナーの基本を学び、ナイフ・フォークの使い方やナプキンの織り方を体験しました。また、クラスの生徒全員でクリスマスのテーブルコーディネートを行いました。
     生徒たちは身近なものでテーブルコーディネートができることや、テーブルコーディネートは食卓を豊かにし、マナーはみんなが気持ちよく食事をするために必要であることを学びました。

 

0

さんフェア宮城2019

    11月10日(日)宮城県庁でさんフェア宮城2019が開催され、家政科生徒全員が参加し、専門学科で学ぶ生徒たちとともに、日頃の学習成果を発表しました。
    3年調理コースは県庁前テントで、1年家政科が製作した手芸品・アクセサリーの販売や、株式会社高浜と一緒に商品開発を行った「松かま」を販売しました。3年保育コースは県庁1階で展示コーナーのディスプレイと、体験コーナーで子どもたちに指編みを教えました。また1年家政科は展示コーナーで説明や、パンフレット配布を行いました。2・3年被服コースと2年家政科の生徒は、自分たちで製作した作品を着て、名取高校・亘理高校の生徒とともにファッションショーに参加しました。
    多くのお客さまに声をかけていただいたり、喜んでいただくことができ、家政科の生徒としての充実感を感じることができた1日でした。学んだこと・感じたことを今後の学校生活に役立てていきたいと思っています。

 

0

3年2組 松山小学校6年生と家庭科(裁縫)合同授業(エプロン製作)

12月9日(月)に,3年2組家政科と松山小学校6年生40名で家庭科(裁縫)の合同授業を行いました。児童にはミシンを1台ずつ, 家政科の被服コースと保育コースを選択している生徒が1人2~4名の先生になりミシンの使い方や縫い方を教えました。始めに,担当する児童と自己紹介を行い,名前を覚えた後,作業に取りかかりました。コミュニケーションも取れ,和気あいあいと作業を進めることができ,全員がエプロンを完成させることが出来ました。
エプロン製作後,調理コースが作った豚汁(味噌も手作りです。)を一緒のテーブルで食べ,体も温かくして授業を終了させることが出来ました。生徒達もこの交流が楽しかったようです。

 

 

 

 

 

 

0

3年被服コース ブーケ講習会

3年被服コースで,一條康子先生を講師に招き2日間ブーケ講習会を行いました。生徒たちは,授業で自分のデザインしたドレスの製作を行い,学校内外でファッションショーを行う予定です。その時に持つブーケの製作を行いました。自らドレスに合う造花を持参し,1輪ずつワイヤリングやテーピングを行いました。それを上手く組み合わせてラウンド型やキャスケードの形に整えて完成させました。実際に11月10日(日)に行われた『さんフェアみやぎ2019』のファッションショーでブーケを持ち華やかにショーを行いました。                10月2日(水)16(水)

 

 

 

 

 

 

 

0

ほっこりカフェ × クリスマス

 12月5日は月に一度の「ほっこりカフェ」の日です。

放課後の図書館は今日も賑やかです。

 今月は,クリスマスケーキ風のお楽しみスイーツで,

楽しい時間を過ごしました。トッピングのバラの飾

りは,なんと,心のケア支援員さんの手作りです!

 今回で8回目を数える「ほっこりカフェ」。毎回,

20人以上の生徒が参加しています。おや?今日は,

教頭先生を相手に何やら熱く語っている生徒もいま

すよ。

 学年や学科,先生の枠を越えて語り合えるコミュ

ニティがここにあります。

 

0